うるえの備忘録

経験から学んだこと、感じたこと、考えたことを記録する。あなたの学生生活が少し充実するように。

MENU

2019年の抱負を考えてみた|決め方と決める理由も

お雑煮にはお餅を2個入れるうるえです。


あけましておめでとうございます。


みなさんの2018年は、どのような年だったでしょうか。

そして、2019年はどのような年にしたいですか?


今回は2019年の抱負について記録しておこうと思います。


実は僕、2017年からTwitterの自己紹介の部分に一年の抱負を掲げて、それを目標に1年間、努力するようにしているんです。

しかし、今年は1年前の自分とは違って、ブログをやっています。

せっかくなので、今年の抱負を記事にしようと思いました。


うるえ流ですが、抱負の決め方や抱負を決める理由についても紹介していこうと思います。



抱負の決め方

まずは、うるえ流「抱負の決め方」から説明していきます。


そもそも「抱負」とは、、、

心の中に抱いている決意や志望。コトバンク


出来心で意味を調べてみると「心の中」というワードが、、、

大々的に記事にしてしまうと定義から外れてしまいそう、、、(汗)。

でも、うるえ流ってことで良しとします。



さて、抱負の意味も分かったところで、本題に入ります。


抱負を決めるにはまず、1年後になっていたい自分を想像します。


想像することができたら、そうなるためには何が必要か考えます。

それはお金かもしれませんし、時間かもしれませし、スキルかもしれません。

何が必要なのかをあぶり出します。


そうやって、あぶり出されたものが、抱負となります。


僕は、こんな感じの流れで毎年、抱負を決めていきます。



抱負を決める理由

僕がここ3年間、毎年抱負を決めるのは「日々、なんとなく生きないようにするため」です。


1年のはじめに大きな目標を掲げ、それに向かって努力することで時間を無駄にしないようすることがねらいです。


冒頭部分でも書いた通り、僕は大学2年生になる年(2017年)から抱負を明確にするようになりました。


それは、大学1年生の年をちょーなんとなく過ごしたことを後悔したことがきっかけでした。

長い夏休みも自動車免許を取っただけ、サークルにも所属せず、バイト先と大学を往復するだけで1年生が終わりました(失笑)。


そんな1年を経て、「もう年末に1年を振り返って、後悔はしたくない!」と思い、翌年から抱負を明確にすることにしました。



【2019年】うるえの抱負


抱負の決め方と決める理由について紹介したところで、僕の今年の抱負について示していきたいと思います(勝手に)。


100万円貯金する

いきなりお金の話からですいません(笑)。


しかし、今年は大学4年生になるので、来年あるかもしれない卒業旅行や引っ越しのことを考えると、(今も少しはありますが、)今年から貯金することは大切だと思ったので、1つ目はこれにしました。



お腹の段差をなくす

今まで、何度もダイエット宣言をしては失敗してをくり返してきました。


今年こそは、強い意志をもってダイエットに取り組み、理想のボディを手に入れたいと思います。


ここで、目標体重を明確にしないのは、筋肉もつけて体脂肪を減らしたいので、僕が数値よりも見た目を重視しているからです。

一応、目安は-10kgくらいを目指しています(結局言う)。


浅はかですが、かっこよくなりたいので、2つ目はこれです。



バイト以外の収益を得る

今は、微々たるアドセンスのクリック収益がありますが、振り込み額まではまだ遠いです。


なので、今年はブログを含め、様々な方法で収益を得られるように挑戦したいと思います。


バイトをしたくないわけではないですが、バイトをしなくてもよくなることが、最終目標です。



以上、2019年うるえの抱負はこのような感じです(、、、はい)。



まとめ まずは大きな目標を設定すること

2019年1つ目の記事である、今回は抱負について書いてきました。


みなさんも今年の抱負は決まりましたか?


抱負を決めずに、なんとく時間を過ごさないように、気を付けましょう。

特に、自分の時間がたくさんある学生さんは要注意です。


我流でもうるえ流でもいいので、抱負を決めることをおすすめします。


1年後、想像した自分になれるように、頑張っていきましょう!


では、今回はこの辺で